本来なら、マンネリ化なんてありえない

セックスにマンネリとかって、
ないと思います。

毎回同じなんてこと、ありえない。

たとえやってることは同じだとしても、
相手も自分も反応や感じ方は毎回違うから、
そもそもマンネリするってことは起こらないはずです。

 

もし、マンネリ化してると感じるのなら、

 

「それ、気持ちいい!」とか
「そうじゃない!もっとこうして!!」

って言えてなくて、
不快な思いをしているだけな可能性が高いです。

 

つまり、

自分の本音や気持ちを出してないんじゃないかな?

 

でもセックス中の本音って伝えにくいですよね。

今日はマンネリ化する理由と予防方法についてお伝えします。

 

セックスがマンネリ化してしまう理由とは

例えば男性側が、
気持ち良くなってうっかり声が出ちゃうのは恥ずかしいから
声を出さずにガマンしていたとしたら、

パートナーが一生懸命ご奉仕したとしても、

「これできもちいいのかな?
わたしのやり方、下手なのかな…」

と感じて不安になってしまいます。

 

また女性側にも
気持ちいいと感じること自体に恥ずかしさや罪悪感がある場合もあります。

そして、それを表現するのを躊躇するから、
反応が薄くなり、

男性側が
「この子はセックスが好きじゃないのかな」
「オレが下手だからかな。。。」

などといろいろ考えてしまって、
結局無難なセックスになってしまう。

 

そうなるとさらにマンネリ化して、
「本当はもっとこうして欲しいのに」
がますます言えなくなってしまいます。

そういう負のループに入ってる状態が、
マンネリ化です。

 

セックスのマンネリ化を防ぐ方法

マンネリ化を防ぐためには
気持ちいいときは勇気を出して
「気持ちいい!」って伝えること。

 

別に言葉にして言わなくても、
声を大きくするとか、
「そこ、すごい」

ってつぶやくだけで十分。

そしたら相手は、
その気持ちいいことを
もっとしてくれるようになります

 

ちょっと違うなって思ったときは、
反応を薄くしてみるとか、
自分で動いて向きを変えちゃうとか、
いろいろできます。

 

女性に多いのですが、

本当は気持ち良くなくても
つい気持ちいいフリをしてしまうのは絶対にNG!

それをしちゃうと男性は
「これが気持ちいいんだ!」と勘違いしてしまい、
どんどん気持ちよくない触り方、動き方を続けてしまうことになります。

だから、気持ち良くないときは
「そうじゃないよ♡」
ってことを伝えてあげましょう。

 

伝え方は、
その2人に合ったやり方が必ずあるので一概に『こうしなさい』とは言えませんが、

普段のコミュニケーションの延長だと思って、
伝えてみましょう!

 

そうすれば、マンネリどころか毎回よくなって、

カラダを重ねれば重ねるほど、
気持ちよさも愛おしさも増す
ステキなセックスができるようになりますよ。

 

PS:お知らせです。

七夕の7月7日に、
成城学園前のステキなサロンにて、
女性のための講座をします♡

題して「誰にも聞けない昼下がり秘密のレッスン」

https://www.facebook.com/events/1506174079455327/?ti=icl

●マンネリ化かも…未知の世界を知りたい
●本当は、もっと気持ちいいものなんじゃないかな?と思う
●いろいろ興味はあるけれど、みんなどうなの?と気になる
●もっと愛されたいし、愛したい!
●もっと自分を解放したい!
●もっと人生を愉しみたい!

そんな前向きな方にはとってもオススメです。

私を含め性の専門家3人が
とっておきのお話をお伝えします。

ご参加は、フェイスブックのイベントページにポチした上でお申し込みいただくか、
直接メッセージをお送りください!

https://www.facebook.com/events/1506174079455327/?ti=icl

少人数で濃密な時間を過ごせるのを
楽しみにしています♡