自己紹介

「付き合ったころは、とっても仲良しだったのに、
最近、セックスが適当になっててさみしい。
子どもができてから、旦那が変わった…なんで?」

これ、昔の日記に書いていた実際の私の言葉です。

結婚して、子どもができたら、旦那がガラッと変わり、
釣った魚にエサをやらないってコレだなと思っていました。

夫との出会い

夫とは、私が大学3年生のときに出会いました。

その頃の夫は社会人で、当時はパソコンソフト会社の営業マン。
私のバイト先に営業に来て、仲良くなって、付き合い始めました。

その頃は本当に仲良しで、仕事の合間にランチしたり、休みの日に出かけたり、
まあ、普通のデートを楽しんでました。
もちろん、エッチも。

旦那は「セックスは恥ずかしいものじゃなくて、
とっても素敵なことだよ」と言い、すごく丁寧なセックスをする人でした。

「こんなの初めて!セックスって、こんなにいいものだったんだ」と、
私のセックスの概念を変えてくれました。

結婚を期に次第に減っていく回数…

そんなわけで、身も心も、どっぷり夫にハマったのですが、
さすがにそんな情熱的なセックスは最初のころだけで、
次第に落ち着いていきました。

結婚してからは、お互いに仕事が忙しく、帰りも遅かったので、
自然と、週末だけする感じに。

前に比べたら、雑な感じはあったけれど、
それなりに楽しんでいました。

旦那から断られ「疲れてるから、おやすみ」

そして、1人目の子どもを妊娠。

妊娠中は、思い切りセックスできなかったから、
出産後の久しぶりのセックスを、密かに楽しみにしていました。

産後初エッチは気持ちが盛り上がって、
けっこう盛り上がってラブラブだったけれど、
その後、次がなかなかこない。

週末になっても、旦那は一向に手を出す感じはなく、
産後半年ごろには、夫から誘ってくることが、ほぼなくなっていました。

昼間は仲良くしゃべるし、キスもするしハグもするのに、
夜になると、なんかそんな雰囲気にならない。

気づけば私から誘うことがどんどん増えていきましたが、
次第に旦那から断られることが増えていきました。

「疲れてるから。おやすみ」って。

そのうち、私が誘う前に、
夫は寝てしまうか、ゲームに夢中になっているかで、
言い出しにくい感じに。。

それでも、ごくまれに、
なぜか旦那がやりたくなるときがあって、
そんな時期だけ、セックスが再開。

3人目の出産後からの急激な変化

そして、2人目、3人目の子どもが生まれたのですが、
3人目の出産後からは、あきらかに雰囲気が変わりました。

わたしは、上2人の子と赤ちゃんのお世話に必死で、大変で、
本当は、もっと旦那に協力してもらいたかったけれど、
子育ては、旦那には他人事。

そのころ、子どものことや、仕事のこと、
家事のことで言い合いになったりするようになりました。
でもそんな中でもすごくセックスはしたかったんです。

もっと愛情を感じたかったから。

いろいろあるけれど、
セックスさえしていれば、旦那の嫌な部分も、水に流せる。
旦那が協力的じゃなくても、がんばれるのに。
セックスは、大切なスキンシップで、愛情表現なんだからと思っていました。

10カ月以上も音沙汰ナシ

でも旦那は、相変わらず仕事が忙しく、帰りも遅いし、
夜はすれ違ってばかりで、
なかなかそんなタイミングはありませんでした。

たまに、子どもが早く寝て、
夫とゆっくりしたいなと思いリビングにもどると、
夫はソファで寝てる。
毎日、仕事から帰ってきて、食べて寝るだけ。

そして気がつくと、
10ヶ月以上もセックスしていませんでした。

このままじゃ、ずっとセックスする気配もなく、
毎日が過ぎちゃうかも。

レスに、なっちゃうんじゃないか。
私はまだまだ、枯れたくない。
前みたいに、愛されたい。
もっと、夫としたい。

「女としても魅力がなくなったのかな…」と泣いた日々

週末になると、ムダ毛の処理をして、ちょっとかわいい下着を身につけて、
もしかしたら今夜は…と準備してみても、旦那は眠いからと拒否。

すごく虚しくて、
もう女としての魅力もなくなったのかとショックで泣いたこともありました。

旦那は、性欲がなくなったのかな、
もうずっとしてないけれど、どうしてるんだろう。。

でも、疲れていても、愛があればするよね?!
昔みたいに、突然、旦那に襲われたい。

そんなことを、毎日毎日、常に考えていて、
頭がおかしくなるんじゃないかと思っていました。

このままじゃいけないと、
セックスについて旦那と話し合ったりもしたけれど、
「疲れてるんだし、眠いからしょうがないじゃん」
と言われ、私は泣き出し、言い争いに。

次第に、会話も少なくなり、
2人の溝が、どんどん深まっていきました。

そして、私の長い長いセックスレスの苦しみが、始まりました。

本当は旦那と仲良くしたいしセックスもしたい

旦那と、本当は仲の良い家族を作りたかったし、
昔みたいに、セックスも楽しみたい。
なんとかして、関係を修復したいと、私なりにいろいろ努力をはじめました。

「やっぱりキレイにしてなきゃかな」と思えば、
できるだけかわいい服を選んだり、下着を変えてみたり、
お風呂上がりに、全身にクリームを塗ってみたり。

子育てが大変でも、夜ご飯だけはちゃんと作ってたし、
夜にゆっくりする時間を作ろうと、がんばって子どもを早く寝かせたり。

でも、私なりに色々頑張ってみたものの、
一緒にテレビ見てくつろいでても旦那はテレビから目を離さないし、
話しかけても会話が続きませんでした。

誘われるのはイヤだと前に言っていたから、
誘わずに、なんとなく近くに座ってみるけど、
何も起こらずに、旦那はいつの間にか寝ちゃう。

ママ友に相談してみたら、
ふみえちゃんは1人でがんばりすぎだよ、
もっと旦那さんに言ってもいいんじゃない?と言われ、
素直にいろいろ話してみると、最後はいつもケンカになって、
さらに険悪な空気になる。

何をやっても上手くいかない。
どうしたらいいのか分からなくなって、
時には電話占いにハマったこともありました。

でも、占いで言われたことをやってみても、特に変化はないし、
気休めにはなったけれど、解決にはなりませんでした。

外に出会いを求めるようになったレス4年目

そして、セックスレス4年目になり、
「もういい!こんなの無理。
もう、がまんできないし、夫婦生活破綻してるんだから、外に求めたっていいよね」
と、出会いを求めるようになっていきました。

男と出会うには、時間を作らないといけない。
私は、心理関係の仕事をしたくて、
スクールに通いたいと言い、時々、家を開けるようにしました。

心理カウンセラーになりたい想いはずっと前からあったから、
これはウソじゃないけれど、でも、そこまでして外に出ようと思ったことが、
その後のターニングポイントになりました。

男女のセックスに対する捉え方の違いに驚愕!

スクールに通いながら、
起業準備のためにセミナーにも行くようになり、
既婚男性やバツイチの方、独身男性から、再婚した方、
経営者さん、いろんな男性と話すようになりました。

そこで自分が家族のこと、特に夫との関係で悩んでいると打ち明けると、
既婚男性も、奥さんに対していろんなことを思っていることが分かりました。

とくに、セックスについての男性の話は、
びっくりすることばかり!

「うちもずっとしてない。でも性欲は、むちゃくちゃあるよ」
「わざわざ奥さんとしたいと思わないもん、だって、キャバクラ行けば誰かいるし、だったら1人でしてる方がいいし」

と聞いて、わざわざキャバクラにいくの?!
と私からしたら、余計に面倒じゃない?って思うけれど、男性いわく、

「キャバ嬢は、『すごいですね〜さすがぁ』って褒めてくれるし。
ふみえちゃんはそんなこと、旦那に言わないんでしょ?」と。

はい、言ってません。
だって、褒めるところないじゃん!何もがんばってなくない?旦那。
と思っていました。

「でも、仕事して毎日帰って来るんでしょ?家族のために仕事してるじゃん」って。

家族のための、仕事。

でも、私が助けてほしい時に、
求めてる時に何もしてくれないのに、家族のため??
自分のために仕事してるだけでしょ?って、
最初は全く理解できませんでした。

でも、いろんな男性に話を聞くと、
みんな同じようなことを言うんですよね。

そして最後は、奥さんとするくらいならAV見るとか、
キャバクラ、風俗にいく、浮気する。

でも、愛情がなくなったとか、
好きじゃなくなったわけでもなくて、

セックスは愛情表現じゃない、
ただしたいからするだけ。

したいと思えば普通に奥さんともするよ。
ま、今はあんまり思わないけど、なんて方もいました。

そして、何フェチだとか、
アレがいいよねとか、アソコがいいとか、
こないだこんな女の子が…道具が…とか、
男が集まるとそんな話ばかりで。

そんな話を聞いてるうちに、
「例えセックスをしてなくても奥さんのこと嫌いじゃないし、
したいと思えばするってことだよなぁ」
と、何かピンときました。

そういえば旦那の好みって何なんだろう?と考えるように

そういえば、ずっとまえに旦那とセックスの話をしたとき、
「好きじゃなくなったからとかじゃない」
って言ってたなといろいろ思い出してきて。

じゃあ、どうやったら、したいと思わせられるんだろう?
旦那の気持ちは、どうなんだろう?
旦那は、どんなのが好きなのかな?

そんなことを、考えるようになりました。

そういう目線で旦那をみはじめてみて、初めて気付いたのですが、
私、旦那がどんなのが好きなのか、全く知らなかったんです。
分かってなかった。

自分があんなことして欲しい、
こんな風がいいって思ってばかりで、
旦那はどうなの?って、知ろうとしてなかった。

それからは男性って何を望んでるのかな?
という意識で行動するようになりました。

4年ぶりに旦那の方から求められる

AVを見てみて、こんなのかなー?と想像したり、
男性に話を聞いたりして、旦那の好みがなんとなく分かってきたんです。

旦那は、後ろ、背中だなと当たりをつけ、
そして、旦那のやっていることに興味を示すことが大切と分かり、
ある夜、旦那が、仕事関係の本や資料を読んでいる斜め横で、
見せてと一冊手に取り、一生懸命眺めるフリをしてみました。
すごいね、とか言いながら。

そしたら旦那が、突然後ろから抱きついてきて、
「ねぇ、久しぶりに、しようよ」って。

そのとき、旦那はすでに興奮状態になっているし、
ほんとにきた!ビンゴ〜♪って思いました。

全然会話もなくて、けっこう仲は悪かったのに、
「セックスは、したくなったらする」
って、こういうことじゃん!と分かりました。

もっと旦那のことを理解したい!と思うようになった

でも、この時はまだ、突発的な感じで、
これを機に、急に仲良くなったわけではありませんでした。
ぎこちなくて、なにかまだあるなって、感じていました。

でも、もっと旦那のことを分かっていったら、
セックスだけじゃなくて、夫婦として、
すごくいい関係になれるんじゃないか、
そしたら、もっともっと仲良くなって、
昔のような情熱的なセックスもできるかもしれない。

そんな気がしてきて、旦那のことを考えたり、観察したりし始めました。

女性なりの努力はすべて的外れだった

昔のわたしは、自分が努力すれば、なんとかなるかもしれないとか、
自分がかわいくなれば、自分がきれいにしてれば、
子育てや家事を、ちゃんとやっていれば、
自分の気持ちを、素直に伝えていれば、
きっと分かってくれる、よくなっていくはずって、思っていました。

でも、全然違った。

努力の仕方を、間違えていたんだなって、
6年経って、やっと気付きました。

自分が何かをするんじゃなくて、
男の気持ちを知った方が早いし、
自分の旦那のことを知ろうとした方がいい。

べつに、部屋が汚くても、ご飯が適当でも、朝起きなくても、
私が太ってきていても、ムダ毛はえてても、
そんなところを旦那は見てなかったんだなって、あとから分かって、
ずっと、ムダな努力をしてきました。

女性がもとめていることと、
男性が求めていることは、違う。

理想とか、妄想も違うし、
感じ方や、喜ぶポイントも違う。

たくさんの男性の話を聞いてきて、
特にセックスに関しては、男女間でかなりのズレがあるということが分かって、
そのズレを知らないだけで、すごく悩んでいました。
一時は、本気で離婚を考えたくらい。

でも、そのズレが分かって、
旦那の気持ちや、好きなことが分かってきたら、
6年間のセックスレスも、一瞬で解決できてしまいました。

そしてさらに、前は旦那を褒めるなんて気持ちには、
とてもなれないって思っていたけれど、
今では旦那に対して、感謝の気持ちや、尊敬するところが出てきて、
心から、ありがとうって言えるようになりました。

今では、仲良しなだけじゃなく、旦那は私のよき理解者でもあります。

男性にとってセックス=愛情表現ではない

男性って、何を望んでいるのかな?
という意識を持ち始めてから、
今までの価値観が、ガラガラと変わっていきました。

例えば、男性にとって、セックスは必ずしも愛情表現ではないということ。

AVを見ていたら、これは愛じゃないよねって思ったんです。

セックスと、愛は、また別。

実際に「セックスがなくても愛情はある」と言う男性は多くて、
例えば、セックスじゃないところで繋がりを感じていたり、
一緒にくっついて寝てるだけで、すごく安心するからそれでいい、
特に、セックスにこだわらないという声もありました。

そんな話を聞いていたら、
セックスしないから愛されていないと思い込んでいた自分って、
とんだ勘違い女だなと、思えてきました。

それにAVは、男性の求めていることを形にしたものだけれど、
ここに出てくる女の人って、めっちゃエロくて、
こんな女いないし、そもそも設定も場所も非現実的だし、実現不可能。

男性の妄想って、こんななの?!って、もう笑っちゃうくらい。
そんなの見てたら、そりゃ普通の私じゃ飽きちゃうよね、
物足りないというか、そもそもが違うよね、と思いました。

男性の「したいスイッチ」は、女性の思うよりも
相当離れた予想外なところにあるんだなと。

何にもなくても「したい」って思う私とは、大違い。
これじゃあ男性とうまくいかないのは当然ですよね。

今まで、自分に魅力がなくなって、
女としてみてもらえてないから、
セックスしなくなるんだと思っていました。

でも、そういうことじゃなくて、
旦那のスイッチを知らなかっただけ。
知ってしまったら、そんなことでいいの?!というくらい単純で、
ずいぶん気持ちがラクになりました。

以前は、「今夜はどうだろう、また断られるのかな・・」
「ほんと愛されてないんだな・・」
そんなことばかり考えていました。
でも気がつくと、そういうことは考えなくなっていて、
全然気にしていない時に、旦那から求めてきたりするので、
おもしろいし、心が軽くなった感じです。

それに、「求められないから愛されてないんだ」という思い込みがなくなり、
セックスを重く、深刻に考えなくなりました。

そのうち、どうすれば旦那が自分を求めてくるのかも分かってきたので、
すごく簡単だな〜って思います。

セックスレス=愛情がないという誤解を持った女性

今ではこんな感じですが、
少し前までは、旦那としたいけれど無理なのかな・・
夫婦なんて、こんなものなんだって、自暴自棄になったりもして、
1人で悩んでいました。

ママ友とは、旦那の愚痴を話すことが多く、
本当は旦那とセックスしたいだなんて、とても言えませんでした。
みんなそんな欲求は持ってないだろうなって。

でも、私が性の活動を始めたことや、ちょっとセックスの話に触れてみると、
「実は、うちも・・」
と話し始める方が結構多くて
性のことで悩んでいる女性は、少なくないんだなと分かってきました。

そして、たいていの場合が、
ちょっとした誤解ですれ違っているだけだなと思うんです。

男性の本音を知れば現実はガラっと変わります

 

男の本音を知って、
ちょっと意識を変えるだけで、現実はガラッと変わります。
どんな状況からでも、旦那を振り向かせることはできます。

セックスレスが改善したら、
本当に夫婦っていいものだし、
ますます旦那さんのことを好きになって、
どんどん愛しさが増していきます。

もちろん、愛されてるなって実感もわいてきます。

そして、旦那さんの方も、元気が出てきて、
仕事も夜もすごい!ということが、起こってきたりします。

こんな風に、素敵な夫婦が増えたらいいな、
セックスに悩まずに、仲良く楽しむカップルが増えたらいいなという想いで、
性カウンセラーとして活動を始めました。

最近は、妊娠したい女性をサポートする妊活の活動にもたずさわったり、
子育てと仕事と夫婦関係について、メディア執筆なんかもしています。

今の世の中には、性の情報はたくさんありますが、そのせいで、
男女の誤解がどんどん大きくなっているようにも感じます。

特に、男性の本音はなかなか語られることが少ないし、
歪んで伝わってしまうことが多いと思うんです。
そして女性も、本当の気持ちを出すことができない。

男女の誤解を、理解へ変えていくことができたら、
世の中もっと明るくなるし、性犯罪も減ると思うんです。

そのためにもまずは、
仲良し夫婦が増えることが一番との想いから、
今まで集めた男性の本音をもとに、私が通算8年間のセックスレスを克服した方法を、
たくさんの方にお伝えしたいなと思っています。

どうぞ、ブログも楽しんでいただければと思いますので、
楽しんでお読みくださいね。

性カウンセラー 大西史恵